<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

チームスピリット

アンリとジダン 共存しつつあるふたりのスター

スポーツからは、いつも色々なことを学ばされます。

チームスピリットと才能

この二つが合わさった時に真の力を発揮する。経営においても社員全員のベクトルが同じ方向を向いているのかどうか?会社の仕組みがオートマティックに機能するのか?よく考える必要がありますね。

中小企業の社長というのは監督であり選手でもあるものですが、選手であることにこだわると監督としての職務を忘れがちになります。いや、選手であったとしてもチームのキャプテンであることは必要です。しかし、この両立は非常に難しいです。選手としての能力が問題なのではなく、監督として客観的にチームを機能させるためには監督に集中した方がよいのでしょう。

しかし、そのためには自分に代わる才能が必要

とつい考えてしまいます。けれど、才能を発見することは難しいことです。自分の力でどうこう出来ることではありません。(少なくとも努力は出来ますが)けれど、チームとしての機能を強化してそれを補うことは出来ます。そして、その中でこそ才能は発見されるのです。

会社はチームである

まだまだ、プレイングマネージャーから抜け出せませんが、これを徹底したい。

---------------------------------------------------------------------------------------------
リフォーム会社の顧客管理ならSAKSAK
顧客管理を中心に受注管理・原価管理・入金管理を統合したリフォーム会社の為のシステムです。おかげさまで、大好評で販売中です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
blogランキング
最後までお読みくださり、ありがとうございます。
[PR]
by nobuyuki_kita | 2006-06-07 00:41 | ビジネス

うちはシステム会社!?

以前からソフト開発をしている会社と思われることに少し抵抗があったのですが、、その原因が分かりました。

DATAKITってシステム会社であってソフトハウスではないのです。さらに言うとシステム会社といってもコンピュータのシステムだけを指しているのではなくて、ビジネスの仕組みそのものを販売しているんです。

独立した当初から、ただ単に言われたものを作るということは何故か嫌いで、納得いくまで話し合って、(コンピュータの)システムを作る目的や誰が使うのか?とことん話しあわなきゃ手がつけれません。そうなると、お客様のビジネスそのものを理解しないといけないんですね。結果として(コンピュータの)システムはビジネスの中核を担うものになるということになるのです。

そして今、当社で販売しているシステムはビジネスの仕組みを具現化したものとして販売しているのです。だから、当社のシステムを導入すると社内のビジネススタイルが変わります。もちろん業界のスタンダードに合わせているので大きく変わってしまうことはありませんが、変わります。結果として、その点が一番喜んでいただけている部分なんです。

・・・というようなことに改めて気づいた一日でした。
これからもお客様に喜ばれるようなシステム・ビジネスモデルを提案していきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------
リフォーム会社の顧客管理ならSAKSAK
顧客管理を中心に受注管理・原価管理・入金管理を統合したリフォーム会社の為のシステムです。おかげさまで、大好評で販売中です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
blogランキング
最後までお読みくださり、ありがとうございます。
[PR]
by nobuyuki_kita | 2006-06-05 01:12 | 日記