カテゴリ:日記( 6 )

うちはシステム会社!?

以前からソフト開発をしている会社と思われることに少し抵抗があったのですが、、その原因が分かりました。

DATAKITってシステム会社であってソフトハウスではないのです。さらに言うとシステム会社といってもコンピュータのシステムだけを指しているのではなくて、ビジネスの仕組みそのものを販売しているんです。

独立した当初から、ただ単に言われたものを作るということは何故か嫌いで、納得いくまで話し合って、(コンピュータの)システムを作る目的や誰が使うのか?とことん話しあわなきゃ手がつけれません。そうなると、お客様のビジネスそのものを理解しないといけないんですね。結果として(コンピュータの)システムはビジネスの中核を担うものになるということになるのです。

そして今、当社で販売しているシステムはビジネスの仕組みを具現化したものとして販売しているのです。だから、当社のシステムを導入すると社内のビジネススタイルが変わります。もちろん業界のスタンダードに合わせているので大きく変わってしまうことはありませんが、変わります。結果として、その点が一番喜んでいただけている部分なんです。

・・・というようなことに改めて気づいた一日でした。
これからもお客様に喜ばれるようなシステム・ビジネスモデルを提案していきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------
リフォーム会社の顧客管理ならSAKSAK
顧客管理を中心に受注管理・原価管理・入金管理を統合したリフォーム会社の為のシステムです。おかげさまで、大好評で販売中です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
blogランキング
最後までお読みくださり、ありがとうございます。
[PR]
by nobuyuki_kita | 2006-06-05 01:12 | 日記

蝉の羽化

a0005808_14174795.jpg

先日、夜に道を歩いていると壁に羽化しようとしている蝉を発見しました。蝉というと1日中ないて死んでしまうように短命なイメージがありますが、土中に5年~7年くらいいて実は長生きなんですよね。でも、短命というイメージを抱いてしまう。。

人というのは、華やかな部分にばかり注意を引かれてなかなかそれまでの経過や背景についてまでは考えないものです。しかし、その僅かばかりの注目を集めるだけであっても何年もの努力が必要なのではないかなぁ、などと考えてみたりします。人知れず努力を続けて自分の殻を破って成長する過程を繰り返して、最後の殻を破って大きく羽ばたく。

ビジネスにおいても努力して成長して殻を破ることを繰り返すことが大切ですね。

よろしければクリック投票してください。blogランキングありがとうございます。
[PR]
by nobuyuki_kita | 2005-07-14 14:29 | 日記

意思の上にも三年

大学生くらいの頃からボンヤリと考えていたのですが、どうも私の成長・成功のペースは三年ごとなんですね。中学校も高校も入学したての頃は、そんなに成績は良くなかったですが3年生になるころには、いつの間にかクラスでも上位に入るようになっていました。

どうしてかな?と考えてみると「成績が悪いことで人一倍頑張るエネルギーになった」と考えてくださる方もいるかもしれませんが、そうではないです。それほど努力家ではないものですから。。。よく宿題をサボって居残りさせられたりしていました。でも、そういう状況を楽しんでいましたね。

どうも、それが成長の源のようです。つまり、いつも楽しんで取り組んでいたということです。それともう一つ、いつも最初は成績が良くなかったですが、それで自分が頭が悪いとか悔しいとかは考えたことは無かったですね。全く新しい環境で少しでも出来ること・分ることが楽しかったです。また、どんどん新しいことに刺激を受けることが楽しかったです。そして、常に「自分はやれば出来る。必ず出来る」と思っていました。

ポイントはこの三つ・・・

よろしければクリック投票してください。blogランキングありがとうございます。

つづきはこちら
[PR]
by nobuyuki_kita | 2005-04-23 03:10 | 日記

性善説と性悪説

 今日は少し取りとめも無いようなことを書いてしまいます。性善説と性悪説というものがありますよね。皆さんご承知かもしれませんが、人間は生まれながらにして善であるとか悪であるというものです。生まれて間もない赤ん坊をみれば可愛くてたまらなくて性善説を信じたくなります。また逆に子供というのはモノを破壊したり虫を殺して遊ぶような性悪説な部分も持ち合わせている。育つ環境によっては成長するにつれて、それらが二極化して行くのかもしれませんね。

 この2説を人類という括りではなく生物という括りから考えるとどうなるでしょうか?私は性善説≒種の保存的本能、性悪説≒自己保存的本能と考えてみました。

つづきを読む
[PR]
by nobuyuki_kita | 2004-11-22 00:16 | 日記

目標とか標語を潜在意識に叩き込む!?

 みなさん、貼り過ぎて壁が見えなくなっていませんか?

 よく色々な会社の事務所に行くと目標だとか標語・企業理念やミッションステートメント(詳しくは「七つの習慣」をお読み下さい)が、壁やボード・トイレなどに貼り出されていますね。あれって効果があるのでしょうか?

 私はあると思います。もちろん、貼っただけで簡単に即効性があるといったものではないでしょう。「どういった内容のものをなぜ貼るのか。」ということを考えること自体に意義があります。その意味では他人が考えた標語をただ貼り出しているだけでは意味がありません。そこに貼り出す人がどのようなメッセージを込めて貼り出すかが大切です。

つづきを読む
[PR]
by nobuyuki_kita | 2004-09-06 22:58 | 日記

模様替えをするといいことがある。

 前々から事務所の模様替えをしたいと思っていたのだが、ついにやることになった。模様替えといっても、とりあえずは机の配置を換えるだけなのだが、これには意味がある。なぜなら、私は「模様替えが好き」だから、、、というだけではなくて、

   ★人を増やすために机を増やす
   ★ものが増えてきたので収納を増やす

というのが直接の理由なのだけれど、私の模様替え好きには理由があって、

   ★変化は活力につながる

というのが、一番の理由である。

つづきを読む
[PR]
by nobuyuki_kita | 2004-09-02 03:05 | 日記