見落とされがちなSeeの重要性

Plan Do See

 「PDC」というのをご存知ですか?Plan Do Check の略称です。知っているという方も多いと思います。もともとは、Plan Do See だったものがPlan Do See & Check になり、Plan Do Check & Action になりと変わっていったということらしいです。

 Plan Do See
 ↓
 Plan Do See & Check
 ↓
 Plan Do Check
 ↓
 Plan Do Check & Action

 この考え方そのものは非常に良いものですし、実践していきたいと思います。ただし、注意しなければいけないのは、見落とされがちなSeeの重要性。だと思います。



 畑を耕して、種をまいて、水遣りをしてすぐに刈り取る人がいるでしょうか?結果が出るまで待ちきれずに次々と新しいことに取り組んだり、せっかく始めた計画を目先の結果だけで判断して方針を変えるということの危うさについて肝に銘じておきたいのです。

 中小企業において社長は最高意思決定機関です。(機関ではないかな)
社員達は、その意思決定を信じて着いて来る訳ですから社長の方針や戦略・戦術が変われば、社員達は大きく振り回されることなり、そこに無駄な動きが発生してしまいます

 ですから、変更は極力早くするか、もしくは、結果を見守った後にするかです。中途半端な時期に変更することは避けなければと考えています。Check Actionは、当初のPlan達成に向けて、現状を軌道修正したり、導き出された結果を元に新たなPlanを立てることだと考えています。

 ですから、私はこのように解釈しています

 Plan Do See & Check Action


お読みいただけましたら一度クリックしてください。
ありがとうございます。読んでくださる方がいらっしゃると励みになります
[PR]
by nobuyuki_kita | 2004-08-31 00:48 | ビジネス
<< 模様替えをするといいことがある。 企業理念とは、初めにあるべきだ... >>